報道発表資料 [2013年6月掲載]

平成25年度新規事業 グローバルニッチトップ助成事業
世界規模での事業展開が期待できる技術等を有する中小企業等を募集!

平成25年6月10日
産業労働局

1.事業の趣旨

 高い技術力を有する中小企業等が世界規模で事業を展開していくためには、高度な知財戦略を推進していくことが重要です。
 しかし、特許や商標などを複数の国で出願し、知的財産権を取得・維持するには多額の費用が発生します。また、模倣品被害や知財紛争など、海外での知財をめぐるリスクに対し、迅速かつ的確に対応するための各種調査や専門家による対応が必要となるなど、これらにかかる費用は中小企業等にとって大きな負担となっています。
 そこで東京都は、新たに「グローバルニッチトップ助成事業」を立ち上げ、世界規模での事業展開が期待できる技術や製品を有する中小企業等に対して、知的財産権の取得等に要する費用を助成し、知財戦略の策定から実施までを継続的かつ強力に支援することで、東京の産業を牽引する企業を創出します。

2.事業の概要

 世界規模で事業展開が期待できる技術や製品を有する中小企業等に対して、知的財産権の取得等に要する経費の助成及び知財戦略の策定から実施までの支援を、3か年にわたり実行します。

助成対象

 以下の要件を満たし、都内に主たる事務所を有する中小企業等

  • 東京都又は公益財団法人東京都中小企業振興公社が実施する既存事業で、技術や製品が優れたものであると認められ、表彰・助成・支援を受けていること
  • 上記の技術や製品に係る特許権が、国内外のいずれかで、既に権利化されていること
  • 世界規模(概ね3か国、地域以上)での事業展開の計画を有しており、その計画に基づき、海外での知財の権利取得・維持等を推進しようとしていること

助成期間

 平成25年4月1日から平成27年12月31日

助成限度額

 3か年で1,000万円

助成件数

 3件程度

助成率

 助成対象となる経費の合計額に対し、2分の1以内

助成対象経費

  • 外国での該当製品・技術等に関する権利取得・維持に関する費用(周辺・改良技術等に関するものを含む)
  • 知財トラブル費用(訴訟に要する費用は対象外)
  • 先行調査費用(特許・商標・意匠・実用新案等)

3.実施機関

 公益財団法人東京都中小企業振興公社 東京都知的財産総合センター

4.事業のスキーム

画像

5.事業説明会のご案内(申請に対し参加必須ではありません)

秋葉原会場

 平成25年6月28日(金曜)午前10時00分から
 東京都秋葉原庁舎3階第1会議室(千代田区神田佐久間町1‐9)

交通手段
  • JR線「秋葉原駅」中央改札口より 徒歩1分
  • つくばエクスプレス(TX)「秋葉原駅」A1出口より徒歩1分
  • 地下鉄日比谷線「秋葉原駅」より 徒歩3分
  • 都営新宿線「岩本町駅」A3出口より 徒歩5分

多摩会場

 平成25年6月25日(火曜)午後3時00分から
 東京都中小企業振興公社多摩支社2階大会議室(昭島市東町3‐6‐1 産業サポートスクエア・TAMA内)

交通手段
  • JR青梅線「西立川駅」より 徒歩7分

※事前予約制です。事前に東京都知的財産総合センターホームページから申込手続を行ってください。(先着順。定員60名。定員に達し次第予約受付終了)
※秋葉原会場・多摩会場で行う内容は同一です。
 申請方法等、事業の詳細は東京都知的財産総合センターホームページをご覧ください。

東京都知的財産総合センター

画像

 東京都知的財産総合センターは、中小企業の知的財産部門として知的財産の創造・保護・活用を支援しています。

 住所:台東区台東1-3-5 反町商事ビル1階
 電話:03-3832-3656
 ファクス:03-3832-3659


「2020年の東京」へのアクションプログラム2013事業
 本事業は「『2020年の東京』へのアクションプログラム2013」において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標5 「産業力と都市の魅力を高め、東京を新たな成長軌道に乗せる」
 施策12 「東京の発展を支える産業の育成により、アジアNo.1のビジネス拠点を形成する」

問い合わせ先
産業労働局商工部創業支援課
 電話 03-5320-4749
(公財)東京都中小企業振興公社東京都知的財産総合センター
 電話 03-3832-3656