報道発表資料 [2012年11月掲載]

「平成24年度 震災復興シンポジウム」の開催について

平成24年11月30日
都市整備局

 都は、東京に大規模な震災が発生した際の復興を円滑に進めるため、平成12年度から都民参加型の「震災復興シンポジウム」を開催し、震災後のまちづくりのあり方について、都民と共に考える機会を設けています。
 昨年の東日本大震災の発生や首都直下地震の切迫性を踏まえて、「平成24年度 震災復興シンポジウム」では、神戸で震災復興の陣頭指揮を執られた御経験をいかし、現在は東北の復興に御尽力されている、関西学院大学災害復興制度研究所研究員の櫻井誠一氏をお招きし、「阪神・淡路大震災と東日本大震災から考える首都の震災復興」について基調講演をいただきます。
 また、明治大学の中林一樹教授をコーディネーターにお迎えして、「木密地域不燃化10年プロジェクト」を踏まえ、木造住宅密集地域にも焦点を当てて、復興まちづくりに関するパネルディスカッションを行いますので、お知らせします。

1 日時

 平成25年1月11日(金曜日) 13時30分から16時30分まで(開場13時00分)

2 場所

 東京都庁第一本庁舎 5階大会議場

3 対象者

 どなたでも無料でご参加いただけます。
 (会場整理の都合上、事前の申込みをお願いします。)

4 プログラム

 テーマ「首都直下地震への備え―「地域力」をいかした事前復興の取組―」

基調講演「首都の震災復興―阪神・淡路大震災と東日本大震災の復興から考える―」

 櫻井誠一氏(関西学院大学災害復興制度研究所研究員/阪神・淡路大震災時:神戸市生活再建本部次長)

都からの報告

 「東京都の防災対策について」
 保家力(東京都総務局総合防災部震災対策担当課長)
 「東京都の木密地域不燃化への取組について」
 青木成昭(東京都都市整備局市街地整備部防災都市づくり課長)

パネルディスカッション

  • パネリスト
    櫻井誠一氏(関西学院大学災害復興制度研究所研究員/阪神・淡路大震災時:神戸市生活再建本部次長)
    市古太郎氏(首都大学東京都市環境科学研究科・都市システム科学域准教授・博士(都市科学))
    藤田千晴氏(東京都中小企業診断士協会地域支援部副部長/災害復興まちづくり支援機構事務局員)
    相澤明郎氏(中野区都市基盤部副参事(都市計画担当))
    鈴木昭利(東京都都市整備局市街地整備部長)
  • コーディネーター
    中林一樹氏(明治大学大学院政治経済学研究科・危機管理研究センター特任教授・工学博士/首都大学東京名誉教授)

5 事前の申込み

 平成25年1月8日(火曜日)までに、Eメール又はファクスにて、住所、氏名、電話番号を記入の上、下記あてにお申込みください。(シンポジウムチラシ裏面の参加申込書に記入の上、ファクスしていただいても結構です。)
 申込先:東京都都市整備局市街地整備部企画課
 電話:03-5320-5124
 ファクス:03-5388-1355
 Eメール:S0000392(at)section.metro.tokyo.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

※別添 平成24年度 震災復興シンポジウム チラシ(PDF形式:191KB)

問い合わせ先
都市整備局市街地整備部企画課
 電話 03-5320-5124