報道発表資料 [2011年12月掲載]

自動車からのCO2削減対策について
〜新しい仕組みの構築にあたり、皆様の意見を募集します〜

平成23年12月9日
環境局

 東京都は、都内からのCO排出量の約4分の1を占めている自動車分野への対策として、これまでも次世代自動車の利用、CO排出量の少ない運転(エコドライブ)などの普及促進に取り組んできました。
 このたび都は、都内の運送事業者・荷主企業・都民が協力して、都内の自動車からのCO排出量を削減する仕組みを新たに提案いたしますので、皆様からの意見を募集します。

新たな仕組みの概要 〜「分かる」と「選ぶ」の2つの仕組み〜

(1) 運送事業者のCO削減努力が分かる、定量的な評価と公表する仕組み

  • 1台1台のトラックを実走行燃費で評価
    • 39の区分ごとに設けたベンチマーク(世界初)でトラックを評価
    • 運送事業者からの申請による任意評価制度を平成24年度試行、平成25年度実施
  • トラックの評価を集計し、運送会社単位でランク評価し、公表
    • AからDの4区分で評価し、公表

(2) 荷主がグリーン購入活動として、一定の評価を得た運送事業者を選ぶ仕組み

  • 新たな仕組みは「グリーン購入ネットワーク」の協力を得ながら、平成25年度から平成26年度の開始を目指し検討

 新たな仕組みの構築には、運送事業者のCO削減努力を定量的に評価できる指標ができるかが重要です。

評価を可能にした2つの世界一

(1) 世界最大規模のデータ収集

 このたび都は、社団法人 東京都トラック協会の協力を得て、個々のトラックの走行距離と給油量について、1ヶ月ごとに集計した合計35万台分のデータを集めました。
 このデータ量は世界最大規模のものであり、都だけが保有する貴重な運行データです。

(2) 世界初のトラックCOベンチマーク

 上記のデータ分析により、トラックを「車種」、「燃料種別」、「車両総重量」の別で39の区分に分類し、区分ごとに燃費(キロメートル/リットル)を使って、CO削減努力を定量的に評価することが可能なベンチマーク案を作成しました。
 実走行時のCO排出量評価が重量車で可能になったのは、世界初です。

 これらの制度構築にあたっては、日本全国の主だった企業や自治体が加盟している『グリーン購入ネットワーク』の協力を得ながら検討を進めます。

※グリーン購入ネットワーク(GPN)
 GPNは、購入の必要性を十分に考えた上で、環境に与える負荷ができるだけ小さい製品の優先的購入(グリーン購入)をすすめることを目的に1996年に設立。会員数2,749団体(平成23年4月20日現在。企業2,265 行政229 民間団体255)
 ホームページ http://www.gpn.jp/

意見の提出方法について

(1) 募集期間

 平成23年12月9日(金曜)から平成24年1月13日(金曜)まで(必着)

(2) 応募方法

 郵送、ファクス、Eメールなど(様式は自由です)

(3) 意見の送付先

 住所 〒163−8001 新宿区西新宿2−8−1
 東京都環境局 自動車公害対策部 計画課
 ファクス 03−5388−1378
 Eメール S0000628@section.metro.tokyo.jp

※頂きました意見は、グリーン購入ネットワークや有識者等とも共有し、ベンチマークや仕組みの検討に活用していきます。
 検討後の仕組み案は、改めてお知らせいたします。

 詳しくは別紙(PDF形式:549KB)を参照願います。

問い合わせ先
環境局自動車公害対策部計画課
 電話 03−5388−3462