報道発表資料 [2011年10月掲載]

東京の水辺空間シンポジウム
〜先進事例を参考にカフェ・レストランによる水辺空間の賑わい創出を考える〜

平成23年10月20日
産業労働局

 東京都では、水辺を楽しむきっかけづくりや、水辺の観光活用の促進を目的に、「水辺空間での賑わい創出」に興味のある方を対象としたシンポジウムを開催します。
 豊洲地区運河ルネッサンスや船カフェなどの実施に携わっている専門家の基調講演とともに、都内最初の水上レストラン「WATERLINE」の設置に関わっている団体と河川観光の先進地域である広島市の事例発表を行い、水辺空間の賑わい創出について考えます。

1 日時

 平成23年11月21日(月曜)15時から18時まで(受付開始:14時30分、18時以降は交流会)

2 会場

 WATERLINE(ウォーターライン)(東京都品川区東品川2丁目1番地先)

3 内容

 参加無料(交流会別)

  1. 河川敷地占用許可準則の一部改正について(東京都建設局)
  2. 隅田川ルネサンスについて(東京都知事本局)
  3. 基調講演
    志村秀明氏(芝浦工業大学工学部教授)
    「水域におけるまちづくりの方法 〜東京・豊洲地区の船カフェ等を事例として〜」
  4. 事例発表
    品川浦・天王洲地区運河ルネッサンス協議会(顧問 小泉武衡氏)
    「日本で初めて?「運河に浮かぶ水上レストラン」」
  5. 事例発表
    広島市都市活性化局観光交流部交流課水の都担当(課長 松岡友夫氏)
    「「水の都ひろしま」オープンカフェの取組みと評価」
  6. 対談形式でのフリーディスカッション
  7. 交流会(自由参加、飲み物代は自己負担。講演者との交流、名刺交換を予定しております。)

4 申込み

 「水辺空間での賑わい創出」に興味のある方 ※定員75名、先着順

(1) 申込方法

 参加申込書(別添のリーフレット内)に必要事項を記入の上、ファクスまたはメールでお申し込みください。
 なお、メールの場合も必要事項を記入の上、お申し込みください。

【個人情報の取扱いについて】
 この申込みにおいて知り得た個人情報は、本シンポジウム、または東京都からのご案内に関すること以外に利用いたしません。

(2) 申込期間

 平成23年10月24日(月曜)10時から11月11日(金曜)17時まで

※先着着信順。定員に達してご参加いただけない場合はご連絡いたします。
※申込期間以外のお申込は無効となりますのでご注意ください。
※参加を辞退される場合は11月17日(木曜)までに必ずご連絡下さい。

(3) 申込先

 東京都産業労働局観光部振興課 水辺担当
 ファクス:03-5388-1463 Eメール:S0000701@section.metro.tokyo.jp

5 その他

 詳細は別添のリーフレット(PDF形式:1.11MB)をご覧ください。

「10年後の東京」への実行プログラム2011事業
 本件は、「10年後の東京」への実行プログラム2011において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標6 「都市の魅力や産業力で東京のプレゼンスを確立する」
 施策19 「隅田川から始まる「水の都」東京の再生」

問い合わせ先
産業労働局観光部振興課
 電話 03−5320−4771